営業の必要性をお話しするときに必ず耳にするのが

「良い物を作っていれば(製品やサービスが良ければ)、営業なんて必要ない」

という言葉。
同時に、「良いモノを作っているのに」日の目を浴びずに消えていく製品やサービスもありますよね。

私は、営業活動はオススメ活動だと考えています。
オススメするにはそれなりの理由があって、その理由は「良さ」なんですね。
もしかしたら、マイナスの部分が魅力になることもあるでしょう。
でもオススメ活動は、「同じ嗅覚を持つ人」にちゃんと届けられる行為でもあるんです。同じアンテナを張っている人にオススメは届くんです。

存在を知らなかった人に情報を届ける

もう1つ、オススメ活動は「その存在を知らなかった人に情報を届ける」という性質を持ちます。
製品やサービスそのものを知らなかったとしても、オススメされる事で初めて知る事ってありますよね。

例えば昨今流行した「タピオカ」は、「タピオカ好き」というアンテナを張っている人の所に、その人が知らなかったお店やサービスの情報がオススメを通じて届けられます。
もしこのお店について「誰もオススメ行為をしなかったら」、そのお店の情報は誰にも届けられないということになってしまいますよね。

これ、例えば、就職活動だったらどうでしょう?

自己アピールを積極的に行う学生と、全くアピールしない学生と、採用担当者はどちらを採用したいでしょう。この例えの場合だと答えは結構明白ですよね。

「営業が必要ない」とは、この例の学生の目線で考えるとこうなります。

「採用されたい。けど私は私の才能や良さを見つけてもらえるだろうから、黙っていても大丈夫」

という事になります。これではもはや就職活動でもなんでもなくなっちゃいますね。

良いモノは「世に知らせるべき」

商売を通じて良いモノを作っているという事は、どの会社も個人であっても同様だと思います。
もちろん資金的や人員的な差はありますが、誰でも

「良いモノを作っている(良いサービスを提供している)」

と思っているんです。
誰もが「良い」と思っている事をしているのに商売に差が出るのは、

「なぜモノは売れるか」

という仕組みを理解しなければなりません。
それは何かというと

知られているかどうか

なんです。
知られていないモノは買われるというチャンスそのものがないんです。


良いモノを作るのは、届けたい「相手」がいるから

良いモノ・サービスを提供するという事から商売は始まります。
だから「良い」という状態を提供するのは崇高な想いがあるんです。
だって、それを享受する「相手」の事を想っているのですから。
その「相手」に情報を届けることが営業であって、オススメ活動なんです。

「察してよ」の「察する」は情報を与えずに相手に判断させること。
勘の鋭い人ばかりが「相手」ではないはずですから、想った相手にちゃんとオススメしてみましょう!

売上向上アイディアロケットは、ここをちょっと変えれば新しい風が吹くような、皆さんのビジネスのお役に立てるアイディアや仕事のコツなどをお伝えするコーナーです。火曜日の朝8時にアップします。

この記事を書いたひと

ツッチー@クリケット代表

感動映像クリエイター

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ