売上の何割をホームページから作りたいか、考えたことはありますか?

ホームページは皆さんの事業の営業マンですね。
インターネットというマーケットからお客様を連れて来たりクロージングをしたりする役割を担っています。
インターネットというマーケットで、売上全体の何割をホームページに担わせているか。
これを意識しているかどうかは戦略的にも大きな差が出る考え方です。

例えば、100%オンラインの通販(電話やTVCMはナシ)ならば、
売上の100%をホームページの肩に乗せている事になります。

ホームページに数値目的を持たせる

「売上全体の3割はホームページから」と捉えていて、月商が1,000万円であれば、毎月300万円の売上を上げるためにホームページに何をさせるか、という考え方ができます。
ただ漠然と「ホームページを作りました」となっている企業とは、こういうところで差が出ますね。
また、このように「ホームページに明確な目的」をつけることで、目的達成のための道順や予算(メンテナンスや広告)のかけかたも決めやすくなります。

売上以外の目的がある場合

1つのホームページの中にいくつか目的の違うコーナーがある場合も同様に考える事ができます。
・採用
・事業紹介
・問い合わせ
など、性質の異なるコーナーにおいても、それぞれ目的を決めて設計を行うことで、全体の何割の効果をホームページに担わせるかが明確になります。

特に「採用」については、職安(ハローワーク)で情報を公開したり印刷物や店頭掲示、高校や大学・専門学校への募集情報開示など様々なチャンネルで募集活動を行っていることと思います。自社が「どのチャンネルが強く、どのチャンネルが弱い」かは、同じ情報開示を担わせているホームページも同列で捉え、全体の何割を担わせるかを決めることが重要です。

仮に「ホームページで募集した人員の定着率が低い」場合、ホームページでの募集を止める(表示しない)という方法も選択肢の1つです。
効果が出ない(結果が芳しくない)だけでなく、「あの会社はいつも人を募集している」という認識が定着し「辞める人が多いのかな」と思われてしまうからです。

必ずしも全ての情報を惜しみなく出すだけがホームページの役割ではありません。
明確な目的を持たせた上で、どんな出し方で目的を達成させるのかに予算を割くという考え方が必要なのです。


ホームページに「何割」という意識を持とう!


このように、「全体の何割」で「何をさせるか」を明確にしたホームページ運営を心がけてみましょう。

現在のホームページ運用指南や営業支援のご相談はクリケットまでぜひお問い合わせください。

売上向上アイディアロケットは、ここをちょっと変えれば新しい風が吹くような、皆さんのビジネスのお役に立てるアイディアや仕事のコツなどをお伝えするコーナーです。火曜日の朝8時にアップします。

この記事を書いたひと

ツッチー@クリケット代表

感動映像クリエイター

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ