たまたま入ったお店がお気に入りになるって事、ありますよね。
今回紹介する「ゆう菜(ゆうさい)」は、最初に行こうとしていたお店が満席で入れなかったため、「どうしようか?」「そういえば、あそこに居酒屋さんっぽい佇まいのお店があるよね?」「そうだっけ?じゃ、行ってみようか!」という流れで入った居酒屋さんなんです。

私自身、お酒は好きなんだけど弱いということもあり、料理が美味しい事と居心地が良いという事でまた行こうと思えるようになるんですけど、その2つが満点なのが「ゆう菜」なんですよ。


予約と同時に入れておくのがベストの「刺し盛」(ゆう菜)

予約と同時に入れておくのがベストの「刺し盛」


この歳になってやっと「大人な飲み方」が出来るようになった私のお気に入りは、刺し盛。
上の写真は左から、鯛の昆布締め、つぶ貝、まぐろの中トロ、しめ鯖(写ってないけど!)です。ゆう菜の大将(店主)は某老舗旅館で腕をふるっていた経験がある方なので、包丁さばきで素材の旨みを上手に引き出してくれるんですね。なので、刺身が絶品なんです。


器にも心配りを感じられる

器にも心配りを感じられる

「大人な飲み方」が出来なかったつい最近までの私は、とにかくビールか、ビールのように飲むという飲み方でした。
それが、切り子のお猪口に注がれた日本酒を「旨い!」と思えるようになったのは大人の仲間入りかな〜と思うんですよ。
このお店は大将が自分で飲んでお勧めしたいお酒を時々用意してくれるので、自分の知らなかった味を楽しめる事ができるんです。(ビールだといっつも同じですしね。)

料理が美味しいので、日本酒をちびちびやりながら次に注文したのが、コレ↓


手羽先!
手羽先が美味しいお店は他にもあるんですけど、竜田揚げ風に出てきたのは初めてでした。そしてこれがまたウマイ!
一口食べてたまらなくなってしまい、思わずビールを注文してしまいました!(やっぱり私はビーラーでした)

その後、たらきくの天ぷらとか納豆天ぷらとか(天ぷらばっかり)色々食べるんですけど、料理が美味しいので話も弾むんですよね。
そしてシメは、コレ↓


焼きそば(ゆう菜)

焼きそば

焼きそば!
と、お茶漬け。

実はこの焼きそば。一度メニューから姿を消したことがあるんです。
なぜかと尋ねたら「ツッチーさんしか注文しないから…」って、こんなに美味しい焼きそばを作ってくれる居酒屋さんて私他に知りませんよ〜、というほど美味しい焼きそばなのに残念だわと思っていたんです。その後、「焼きそば、無くなっちゃったんですか?」という声が多かったために復活させたのだそう。お店にも「好き」を伝えるって大事だなと思える出来事でした。
お茶漬けもシメにオススメしたい一品です。出汁の旨みが上品で、先にあれこれ頼んでいなかったらおかわりしたくなる、そんな味です。


ゆう菜

ゆう菜


月が丘は夜遅くまで盛岡駅・バスセンターまでのバスが走っているので、お帰りの心配もご無用。
たまには中心部を離れたところにある小粋な居酒屋さんもいいもんですよ。


ゆう菜(ゆうさい)

住所 岩手県盛岡市月が丘1丁目4−7
TEL 019-646-0013
営業時間 18:00~翌1:00
定休日 水曜日
備考 事前に電話で予約等入れておくと良いです。


この記事を書いたひと

ツッチー@クリケット代表

感動映像クリエイター

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ