スタッフブログ - ラーメン

コツコツラーメン(三十六番)

コツコツラーメン


大きいチャーシューと煮玉子で煮干しの旨みがクセになるコツコツラーメンでおなじみの、旧都南村の雄「三十六番」へやって来ました。
朝7時から500円で提供されるラーメンがあるのですが、営業時間は15時までとなっており、仕事帰りには行けないラーメン屋さんなんです。
お昼しか行けないんです。
私の場合、週末は撮影のお仕事が入るため、平日になんとか盛岡南界隈で仕事を作るかしないとなかなか行けない貴重なお店でもあります。
(盛岡南界隈の事業主の皆さま、お仕事のご相談お待ちしております)

今回オススメしたいのは、煮干しの濃厚な味が楽しめる「黒バラのり」


黒バラのり(三十六番)

黒バラのり

どうですか、こののりっぷり!
写真映え全くしないので、相方が注文したラーメンをトップ画像にしてしまうほどの「のり」。
大盛りでもなんでもなく、ジロー系のもやしよろしくのり満載です。


ストレート麺かちぢれ麺かを選べる(三十六番)

ストレート麺かちぢれ麺かを選べる

麺はストレートかちぢれかお好みで選べます。

ちぢれ麺の方がスープがよく絡むと思っていたのですが、先日のマツコの知らない世界「マツコの知らない袋麺の世界」で、ストレート麺の方がスープが絡むという話が出ていましたよね。
(釜石ラーメンはちょこっとしか映らなくて残念だったけど、釜石ラーメンの美味さは変わらないのだ!それはいいとして)
なのでストレート麺での注文です。

のりって、当たり前ですけど、スープを吸うじゃないですか。
この位の量ののりのスープを吸うスピードの尋常じゃ無き早さなんですの。(「の」が多い記事です)

でもご安心を。
大量ののりが濃厚煮干しスープを十分に吸ってくれるので、食べるスープが楽しめるんです。
スープを吸ったのりの歯ごたえがまたたまらないんだ。
ストレート麺でものりでも、どちらもスープの味わいを深く楽しめる「黒バラのり」オススメです!

ちなみに大量ののりの下にちゃんと煮玉子とチャーシューが隠れています。


旨みスープをとことん味わうラーメン屋|コツコツラーメン 三十六番【盛岡市三本柳】のスペック




関連記事

自分好みに仕上げて食べる麺屋|油そば専門店はてな盛岡上田店【盛岡市上田】

ラーメン

Wikipediaによると、ラーメンとは「中華麺とスープを主とし、様々な具を組み合わせた麺料理」とあります。 ということは、油そばは麺料理ではあるけれどラーメンではないという事になります。 でも「そんなの関係...

人気店のあの味をもの凄く辛くできるラーメン店|柳屋 みたけ店【盛岡市みたけ】

ラーメン

柳屋(やなぎや)と言えば「いらっしゃいませぇぇぇぇぇぇぇぇぇ」の長鳴きで有名な本店の店主とおかみが編み出した「キムチ納豆味」のラーメンで一躍有名になりました。 当時は盛岡市内でも指折りの「行列の出来...

旨みスープをとことん味わうラーメン屋|コツコツラーメン 三十六番【盛岡市三本柳】

ラーメン

大きいチャーシューと煮玉子で煮干しの旨みがクセになるコツコツラーメンでおなじみの、旧都南村の雄「三十六番」へやって来ました。 朝7時から500円で提供されるラーメンがあるのですが、営業時間は15時までとな...

前沢牛と透明スープに惚れるラーメン|盛岡麺厨房 ゼロワン【盛岡市上田】

ラーメン

もう今回は前置き無しで、画像を堪能ください。 どうですか、スープが透明!透明過ぎるスープです! お店って看板メニューがあるじゃないですか、普通は。 あと、とっておきの「限定メニュー」とか。数たくさん出...

スタミナが欲しいと心の底から思う事がある時に思い出すラーメン|大阪王将【盛岡市上堂】

ラーメン

学生の頃、友人の通う大学の近くにとあるお食事処がありまして。 確か上海という名前だったと思うんですが、もう何年も前だし、今でもあるのかしら?と思いつつ、「スタミナ」と名の付く料理を見る度に思い出して...

位置情報