黒麺は1日20食限定(はすの屋)

黒麺は1日20食限定


若いときは大盛りだったり背脂多めだったり色んなラーメンに果敢に挑んで行ったものです。なので、ラーメン業界の進化や派生に合わせて色んなラーメンを食べることができました。
そうしているうちにスタンダードな「支那そば」が恋しくなることが増えてきて、なんだかこうして原点に戻っていくのかしら〜などと思うことも増えてきた今日この頃です。

さて本日お邪魔したのは「支那めん処 はすの屋」さん。
入るとカウンターのみです。
外は暑いし、冷やし支那そばでもと思ったのですが「1日20食限定」とある「黒麺」を注文しました。
限定という言葉に弱いんですよ。


細い縮れ麺です

細い縮れ麺です

スープはたまり醤油系かしら?と思ったらそうではなく、すっきりしていてクセはありません。
胡椒と胡麻かな〜?ちょっと辛みがあります。
チャーシューは箸ですくうのが大変なほどほろほろで味がしみ込んでいておいしいです。

食べ終わった後に「しそジュース」が振る舞われます。(苦手な方はお断りすることもできます)
酸味が利いていて爽やかな気分になれます。一風堂のルイボスティーとか、こういった工夫って面白いですよね。
ちなみにしそにはβーカロテンが多く含まれていて、抗酸化作用でエイジングケアやストレス軽減などの効果が期待出来るそうです。お客様の半分が女性客なのもうなずけました。
※しそジュースは期間限定なのだそうです。


支那めん処 はすの屋

支那めん処 はすの屋


ラーメン屋さんで「優しい」ってあまり使わない表現ですけど、はすの屋さんはラーメンも雰囲気も気配りも「優しい」が合っていると思いました。
どんな方にもおススメです!ぜひ!


支那めん処 はすの屋

住所 岩手県盛岡市紺屋町2−20
営業時間 11:30~16:00
定休日 第2、第4月曜


この記事を書いたひと

ツッチー@クリケット代表

感動映像クリエイター

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ