とある飲み屋さんの大将(店主)とは美味いラーメン店を教え合う仲でして(笑)。
「ココ行った事あります?」なんて話でも漏らさずメモしてちゃんと行くという真面目な方なんですけど、その後でちゃんと行って「美味かった!」も「あわなかった…」もやはり真面目に教えてくれるんです。料理人の目線での感想ですから、何気ない会話からでも学ぶ事が多いなぁと感じます。

その大将が「美味かった!」と言ってくれたラーメン店が「麺屋 美麓(びろく)」です。


黒(醤油ラーメン)と野菜炒め【麺屋 美麓(びろく)】

黒(醤油ラーメン)と野菜炒め


美麓(びろく)のラーメンは芯にズドンと落ちる出汁が特徴です。「芯にズドン」は他に上手い表現が見つからないのですが、味が濃いという意味ではなく、旨味が舌から身体の深いところへちゃんと降りていくようなイメージです。短く言えば「クセになる」という感じでしょうか。
ラーメンの名前にも特徴があり、たまり醤油系のラーメンは「黒」、辛味噌ラーメンは「赤」と言った具合。
私のおすすめは醤油なら「黒」、味噌なら「だいだい」。


だいだい(味噌ラーメン)【麺屋 美麓(びろく)】

だいだい(味噌ラーメンに辛味噌を溶かしていただく)

前述の大将に美麓のだいだいを教えたところ、翌日には行ったみたいで「あれは美味いね!」と絶賛していました。
だいだいはベースの味噌味に、レンゲすりきり分の辛味噌をお好みで溶かしていただくスタイル。太麺や野菜と絡んで、女性にも人気のメニューです。
私はいつも「黒」を頼むので、入店すると同時に「黒ですね?」と覚えられてしまっています。顔が黒いからではありません(笑)。

国道46号を秋田方面へ、雫石町役場付近のコメリを過ぎてすぐの交差点(右手にファミマがある)を左に曲がると、駐車場の看板が見えます。


この看板が駐車場の目印【麺屋 美麓(びろく)】

この看板が駐車場の目印

(お店の前は駐車できないのでお気を付けください)
電光掲示板が開店中かどうかの目安にもなります。

ラーメン店よりも有名な蕎麦屋さんが多い気がする雫石ですが、地元で長く続いている料理店は「長く続いている理由」がちゃんとあるんですね。
美麓は定食も充実しており、夜は居酒屋さんにもなり、貸し切り飲み会も行っているようです。夜行くと奥の間からにぎやかな笑い声が聞こえてきたりして、人が集まる場所なんだな〜と感じますね。

これからのシーズン、紅葉を楽しみに峠へ向かったり温泉へ向かったりすることも増えるのかと思います。
雫石へお越しの際は麺屋美麓へ、ぜひ!


麺屋 美麓(びろく)

住所 岩手県岩手郡雫石町千刈田7-3
TEL 019-692-1399
営業時間 11:30〜20:00
定休日 (営業時間や定休日は変わることがあります)


この記事を書いたひと

ツッチー@クリケット代表

感動映像クリエイター

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
この記事から近い場所
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

ピックアップリスト