手袋泥棒 大五郎

どうも、大五郎です


大五郎、1歳を過ぎた頃から、自我の目覚めなのか

物守りが激しくなった…

手袋やスリッパなどを奪って、死守。

物を奪うのは仔犬のころからあったのですが、激しくうなって威嚇して
「これは絶対に渡さない!!僕のだ!!」と主張。

そのまま放っておくと、破壊。
そうして、何個のスリッパがダメになったことか…。

興奮状態の大五郎の顔の近くにうっかり手を近づけてしまい、物ごと指を牙で挟まれ、怪我こそしなかったけれど、痛い思いをして「このままでいいんだろうか?」と悩んだこともありました。

おやつと交換したり、いろいろ試みてみたのですが、一番効果のあったのが、


父ちゃんによる説得

(何故か「ぱるるるる…」って鳴くんだよね…もちろん、グルルルル…と威嚇することも)


父ちゃんによる説得。

説得…?
正直、その場で夫が大五郎に説得して、大五郎が物を離してくれる瞬間を見つつも、「why?」という感じでした。

見ていると、
冷静に淡々と説得する「ダメだよ、これはいけないよ、離して」(決して感情的にはならない、毅然とした態度で)

うなっていても粘り続ける

大五郎が離したらめちゃくちゃ褒める「えらいね!!大五郎!!!」

大五郎喜ぶ(おやつが進呈されることも)

これ、大五郎が父ちゃん大好き♡父ちゃんも大五郎大好きという構図だからこそ、効果があるんだろうなぁと。

私が物を奪われたときは、最初におやつを出して「さぁ大五郎君…よーしいい子だ、手袋とこれ(おやつ)と交換だ」と交渉していましたが、離してくれる時と離してくれない時と五分五分…。
もちろん私も大五郎のことが大好きなんだけど、手っ取り早く解決させたいという気持ちが大五郎には透けて見えていたのかも。

1歳7か月を過ぎ、以前よりは執拗に物を奪うことは少なくなりました。
以前にドッグトレーナーさんにお話を伺ったときにも、物を盗るのは「暇だから」「かまってほしいから」の理由から。
(何故なら大五郎は最強かまってちゃんだから)

なので、大五郎の場合、


お腹ナデナデでうっとり大五郎

お腹ナデナデでうっとり大五郎


・スキンシップを増やす
・ボール遊びなど、室内で遊ぶ時間を増やす
ことで、気持ちが満たされ、落ち着いてきたのかなぁと。

これからも「大五郎集中時間」を忘れずに過ごします!


この記事を書いたひと

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

この記事をシェアする

関連記事
こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ