先日、ブログでもお伝えしましたが、クリケットでは新型コロナウィルスの感染拡大に際しリモートワーク(在宅勤務)を開始しました。

これを機会に、生後9か月を迎え落ち着いてきたこともあり、一日夫の会社に連れていっていた大五郎も自宅で過ごすことになりました。

くわしくはこちらの記事をご覧ください↓

私の自宅勤務から約1週間後…

私と大五郎との関係が絆が深まって…ではなく、
…悪くなっていました…。


毎日一緒だった大好きな夫と突然離れての生活。
私がいてもあまりかまってもらえない。
大五郎的にも戸惑いが強かったんだと思います。

事件が起きたのは、散歩中に何か拾い食いをしていて、それを私が取り上げようとしたとき。
口元に手を近づけて「何食べてるの、出して」と言ったら、

「ヴーッ!!」
今まで見たことないような威嚇の表情で吠えられ、何度も手に噛みついてきました。

今までは拾い食いを発見したとき(一番はさせないのがいいのですが)「ウーッ!」と唸ってもこんなに威嚇してくることはなかったのに何故…。

「どうして毎日散歩したり、そばにいるのにこんな思いを…。」
なんだか急にむなしくなって、その後1~2時間ほど目も合わせず、別の部屋にいたら、突然大五郎がまた唸り声を上げて私に向かって威嚇するように吠えてきました。
その吠え方はまるで自分の家に知らない人が入ってきたときのような、「何だよ!!誰だよ!!」という感じの声。

…このままではまずい。

その日は土曜日だったので、夫と相談して大五郎を家に置いて外に出ていったん距離を置くことにしました。

数時間して帰宅すると、少し身構えていたものの、寂しかったのか甘えてきたのでホッ。

しかしその数日後、大五郎用のマットをかじっていたので、「ダメだよ~」と他のおもちゃで紛らわせようとした瞬間、
「ガゥッ!!」
またもや本気で指に噛みついてきて…。

牙が指に食い込んできてとても痛い。
「痛い!」と低い声でたしなめても、いっこうに力を緩めることはなく、なんとかあごを掴んで引き離したけど、その強い力に恐怖さえ感じました。

これは本当にまずい。

途方に暮れて、以前カウンセリングでお世話になったドッグトレーナーさんに電話して、状況を話しました。

トレーナーさんからのアドバイス

■私を噛む理由…噛みつくことで自分の欲しいものを守れる(メリットがあると覚えた)
(一度やると、何度もやるようになる)
⇒今はできるだけ刺激しない、困った行動をさせないようにする(例:物を噛む⇒ガムやおもちゃなど噛んでいいものを豊富に与える)

■ストレスを緩和させる
⇒散歩時間・遊びの時間を増やす
⇒散歩中のにおい嗅ぎや、運動でストレス解消

それからはあまり大五郎を刺激せず(取られて困るものを置かない)散歩もゆったりと過ごすようにし、ON・OFFをきっちり分けて遊ぶときだけ部屋をフリーに歩かせるなどをしたら、徐々に大五郎の様子が落ち着いてきました。

また私も時々事務所に行って作業したり、切り替えをするようにして気分転換するようにしています。
(その間大五郎は一人でお留守番なのですが、最初に比べると一人でもリラックスして過ごしています(ペットカメラで確認))

最近ではうっかり置いていた靴下などを大五郎に取られたときでも根気よく「貸して」と(夫が大五郎に教えてくれた)言うとしぶしぶ離してくれるように。
(口から離したらおやつをあげて「えらいね!」とほめまくっています。)

とはいえ、根本的な解決に至っているわけではないので、来月トレーナーさんに来ていただいてカウンセリングしてもらうことになっています。

何かとストレスがかかりがちなご時世ですが、あまり思い詰めず(犬にストレスが伝わっていたのかも)安全に過ごしていきたいですね。


新型コロナウイルスに関連した情報

岩手県から、万が一、新型コロナウイルスに感染してしまった場合に飼っているペットの預かり先に困った場合の情報が出ていました。

【新型コロナウイルス感染者の飼養するペット預かり等の相談への対応について】
https://www.pref.iwate.jp/kurashikankyou/anzenanshin/pet/1029513.html

大事な家族のため、事前に情報を知っておく、預かり先を検討しておくことも大事ですよね。


この記事を書いたひと

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

ピックアップリスト

お知らせ

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

人気記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ