なもです。

大五郎を迎えて、2か月くらいの頃(生後4ヶ月)。
それまでなんとかケージ内のトイレで小をしてくれていた大五郎が、部屋の至る所で粗相(小)するようになりました。
日中連れていっている会社の床でもジョー。

トイレで「シーシー」を合図にしてもせずに「しないのかな?」と思ってケージから出すとジョー。
本やネット等で調べたりいろいろ策を講じても、ダメ。
家にいると1日に4~5回掃除する日もあり、「どーしてトイレでしてくれないの…!?」と精神的に堪えるように。

最初に大五郎と一緒にいる時間が長い夫が疲弊してしまい、このままではまずい!!と、犬のしつけのプロに相談することにしました。

トレーナーさんとカウンセリング

大五郎を連れて、困っていることについて相談しました。
主に
・トイレのしつけ
・甘嚙み、イタズラ

この「困っている行動」に「ダメ!コラ!」など怒るよりも、犬がいい子にしているときに褒めて「こっちのほうがいいんだね」と犬に思ってもらう。

目からウロコでした。

そして一番大事なのは「犬の気持ちを理解すること」。
甘嚙みやイタズラも、私はしょっちゅう服の袖を嚙まれたり、置いてあった服をかじられたりしたのですが、このときに「ダメ!」と力づくで取り返していたんです。
でもそれは犬にとって「遊んでくれている」という行動だったー…!

じゃあどうすれば?
困った行動をされたら、その場(別の部屋に行くなどして視界から消える)からいなくなる。
イタズラしたら→飼い主がしなくなる→つまらない・さびしい→しなくなる
という構図です。
(これは寂しがり屋さんの大五郎には効果ありました!)

また、かじっているものを口から離してくれたときに「エライね!」と褒める。

トイレの粗相も同様でした。
失敗したら怒ったりせずにその場からいなくなる。
うまくできたときはもちろん褒める。大好きなおやつのご褒美も。

また、部屋の中での配置の問題や、ブルーシートを敷き詰めて少しづつ範囲を小さくして場所を覚えさせる、という方法も教えてもらいました。


トイレシートを敷き詰めてみたり試行錯誤してました


しつけのプロに相談して本当よかった!
あのままだったら自分たちも大五郎も追い詰めてしまったかも。。
(今でも少し怒ってしまうときもありますが…)

その後、トイレ問題は部屋の配置を変えたり、いなくなる作戦も実行したり、うまくいったら褒めたり、いろいろ試行錯誤してみました。
結果は成功したり失敗したり。

と、言うのは最近になって、大五郎の膀胱炎が発覚
もしかしたらトイレ失敗し始めたころから患っていたのかも。。
気づくのが遅くなってごめんね!大五郎!

愛犬家のみなさま、うちの犬、多飲多尿だな、と思ったらぜひ受診をー!!

あ、トイレのしつけは1歳くらいまでかかるかも、という話も別の方から聞いたので、あせらずじっくり取り組みたいと思いますー



この記事を書いたひと

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

この記事をシェアする

こちらもおすすめ
現在地から近い場所

(距離測定はGPS機能が使用できるスマホ等でご覧ください)

高校卒業後アメリカの大学へ留学し、美術学部デザイン課を専攻。帰国後は広告代理店勤務、制作会社、営業の修行をすべく外資系損害保険会社勤務を経験。制作や営業の経験を活かし岩手で「写ネットいわて」を立ち上げ、写真撮影や記念品の制作において多くの感謝の手紙をお客様よりいただく。印刷会社勤務での制作を経て独立、クリケット創業。餃子作りが趣味です。

なも

想いをカタチにするWEB・筆文字デザイナー

柴犬大五郎と暮らす、犬とペンギンをこよなく愛するwebデザイナー。
筆書きや手書き文字デザインも担当しています。趣味はキャンプ、食べ飲み歩き。

新着記事

カテゴリー

アーカイブ

ハッシュタグ

ピックアップリスト